何事も本質が大事

f:id:yu0202:20201015200713p:plain

 

こんにちは、ゆーちゃんです!

 

 

今回は、本質の大切さについて

お話ししていこうと思います。

 


と、言いましても、

あなたも本質が大事だと

今まで散々言われてきたのではないでしょうか?

 


そんな方でも、改めて本質に関して、

学術的観点からお話しするとともに、

私自信の経験や持論を織り交ぜていきたいと思います。

 


それでは行きましょう❗️

 

 


現象学から"本質"に迫る

f:id:yu0202:20201015200830p:plain

 

あなたは、現象学という学問を知っていますでしょうか?


これは、ドイツ人の哲学者、フッサールを筆頭に広まった学問です。

 


マイナーな学問分野ですので、

知らない方のほうが多いと、、。

 


ただ、この学問分野を学べば、

「本質とは何か?」という問いに適切に答えることができるかと思います。

 


難しい学問ですし、

私も全てを網羅しているわけではありませんので、

今回も必要な部分だけを抜き出してみますね。

 


さて、現象学なのですが簡単に言えば、

 

「普段意識しないことに目を向ける、

当たり前に問いを投げかける」

 

学問といった感じです。

 


哲学自体そういった学問ですが、

それよりももっと現実的なお話になっています。

 


例えば、

私たちって、車や自転車の運転をするときって、

何も意識せずに操作していますよね。

 


無意識的に操作して、

意識はもっと他の部分、

歩行者等に意識を向けますよね。

 


「当たり前過ぎて、

そんなこと言われるまで考えているようで考えていなかった!」

 

、、、改めて考えるとすごいですよね。

 


アクセル踏んだり、ブレーキ踏んで車間距離を調節したり、

いろんな操作を無意識レベルで行っています。

 


そんな感じで、現象学というのは、

いつも当たり前すぎて考えないことについて

改めて考える学問ということです。

 


そしてその現象学に、核となる考えがあります。

 


それが

 

この世の一切は流れている

 

というもの。

 


私たちが生きているこの世界は

基本的に常に流れている、、。

 


どういうことなのか?

 


私たちは、

いろんな経験や認識をし、

その中でたくさんの物を見て、

いろんな変化に応じてその都度解釈を変えています。

 


例えば、

初めて会った人がいます。

最初の印象は悪かったけど、

一緒に過ごすに連れて、良いところがあると気付いたり、

最終的には凄い良い人だとわかるってことあるじゃないですか。

 


そんな感じで私たちは経験する中で

いろんな物事に対する変化に対応していっているんですよ。

 


さらに身近な例で、

公園であなたが散歩しているところを想像してみてください。

そこの公園の木に一羽の鳩がとまっているとします。

 


それを見ながら歩いていくのですが、

歩く中でいろんな木々が邪魔して、

鳩が見えたり見えなかったりします。

 

 


こんな感じで流れの中でいろんな認識の仕方があり、

変化の中で生きているわけなんです。

 


また、流れているという意味で言うのであれば、

私たちの視界に関しても不思議な世界が広がっています。

 


人間は固視微動という機能を持っています。

 


これはどういうものかというと、

簡単に言うとブレ補正です。

 


カメラにも手ブレ補正するために、

レンズが高速で動いたりしますが、

実は私たち人間にもその機能がついているんです。

 


人間って、

意識的には絶対に不可能なスピードで

目を小刻みに動かしいろんなものを見ています。

 


では逆に、固視微動の機能が無くなったらどうなるのか?

 


今まで見えていたものが

見えなくなるんですよ。

 


人の話を聞いている時も、

私たちは目だけを見ているようで実は、

高速で鼻や口、髪の毛などいろんな部位を見て、

初めて顔だと認識しています。

 


かなり説明を加えてしまいましたが、

現象学が見出すこの世の中というのは、

 

「この世の一切は流れている」

 

ということです。

 


今は分からなくとも、

この言葉だけでも頭の片隅に入れておいてください。

 


しかし、

「それではこの世の中全部が常に動いていること?」

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 


実はここに今回のお話の肝が隠されているんです。

 


流れの中で動いていないものが本質

f:id:yu0202:20201013120009p:plain

 

世の中は基本的に流れの中で成り立っています。

 

と、現象学では考えられていますが、

流れてないもの・動いてないもの

というものが存在します。

 


それが本質。

 

現象学観点からお話しすると

いろいろな学者の方達からご指摘をいただきそうですので、

この辺で辞めますが、どんなことでも流れていない、

不変のものというのが存在します。

 


しかし、流れていないものって本当に気づきにくい、、。

 


普段は当たり前のようにあるから、普段は意識していない。

だからどうしても忘れてしまう、、。


例をあげると、

私たちってこの世の中が存在していることを前提にお話ししていますが、

なぜこの世の中が存在しているのか。

 

と言われたらなんとも言えない気持ちになりますよね。

分解できないぐらい説明などなく、

「それはそれだから」みたいに説明するものが本質です。

 


そういった意味では”本質”というのは

法則、定理、公式、流れなどに言い換えられるかもしれませんね。

 


本質というのを知らないといくら努力しても

無駄に終わってしまうんですよね。

 


本質って言葉、元々だれが作ったのか知っていますか?

f:id:yu0202:20201015201410j:plain

 

本文とは少しずれてしまいますが、ご了承ください。

 

少しややこしい話になるかもしれませんので、

興味のある方だけ読み進めてみてください。

 


あなたは"本質"と言う言葉が誰によって作られたか知っていますか?

 


私も最近知りまして、

実はあの古代ギリシャの哲学者アリステレスさんが作った言葉だそうです。

 


このアリストテレスさんが言う本質にも

様々な説があるといわれているので、

私が納得した説をご紹介いたします。

 


本質というのは、

現代の英語で”essence”などと表しますが、

この語源はギリシャ語の”essentia”という言葉です。

 

ちなみに、アリストテレスの師匠、プラトンさんはこのことを

"イデア"と呼んでいました。

 


本質とは、

それを失ってしまったら、

あるものがあるものでばくなるものです。

 


ややこしい、、、汗。

 

分かりやすく例を出してみます。

 


例えば、机を想像してみてください。

人によって形や大きさ、

デザインは違うと思いますが、机は机です。

机の形成している要素を外して行き、

途端に机でなくなってしまう要素。

それが本質。

 

 

なので、

本質というものはそれが失われてしまったら

それがそれでなくなってしまうものなんです。

 


少し想像力が必要かもしれませんが、

これが本質の起源です。

 


このことから本質というのは

「変化したときに初めて、本質は生まれる」

ということが分かります。

 


なので、逆に言うと変化しないものには

本質はないとも言えます。

 


先ほどの現象学のところでも出てきましたが、

やはり流れの中、変化の中に不動の存在としているのが本質。

 


逆に不動の存在がなくなってしまうと、

そのものではなくなるといった感じですね。

 


ビジネスで稼ぐための本質を学んで実践しないと、

ある意味ビジネスですらないことをしていることになっているわけです。

 


ビジネスで稼ぎたいのに、

そもそもビジネスしていなかったら、

当然、稼げるわけがないですよね。

 


ここからはモチベーション系の話に繋げますが・・・

 


本質を知らないまま突き進んでも無駄に終わるだけ

f:id:yu0202:20201013121604j:plain

 

本質を知らないままに我武者羅に努力する方が多い気がしますが、

 

それでは時間の無駄です。

 


本質からずれているということは、

目指しているゴールや目的が変わっているということになります。

 


あなたの目指している道が

成功させるこでなくても、

何かに志を持って挑む時には

必ず本質を理解してから、勝負に挑んでみてくださいね。

 

 


最後まで読んでくださりありがとうございます🌸

このブログでは、ビジネス初心者に向けて有益な情報を惜しみなくバンバン投稿していますので、

他の記事も読んで頂けると嬉しいです。